共同研究課題のAMED事業への採択

大阪医科薬科大学及び国立循環器病研究センターとの共同研究課題が、AMED「橋渡し研究プログラム・シーズF」へ採択されました。 本研究では、原発性高カイロミクロン血症に対する核酸医薬の臨床試験に向けて開発を進めて

Read More »

創業者の想い

弊社は、医師であり研究者でもある創業者の「目の前の患者さんを救いたい」という強い想いからスタートしました。「核酸医薬」と呼ばれる医薬品開発手法を用い、様々な難病や治療困難な病気に対する治療薬開発を進めています。

アンチセンスとは

タンパク質は、私たちの体を構成する非常に大事な存在ですが、多くの病気と関わっているのも事実です。タンパク質の情報はDNAに収納され、必要な時にその情報がメッセンジャーRNA(mRNA)として取り出されます。弊社の核酸医薬(アンチセンスと呼ぶ)は、このmRNAに結合し、病気に関わるタンパク質の生成を抑えることができます。この方法は、これまで有効な薬が存在しなかった多くの病気の治療につながると考えています。

テクノロジー&
パイプライン

国立循環器病研究センターおよび大阪大学の技術と、その技術を応用した独自の核酸医薬の開発を進めています。

Technologies

薬物送達リガンドおよび、そのリンカーテクノロジー、修飾核酸を用いて必要な場所に必要な量だけ届く独自の核酸医薬を開発します。

Pipeline

専門分野である脂質異常症をはじめとした循環器疾患を主なターゲット領域として開発を進めています。